忍者ブログ
明のピアノ演奏を掲載していきます。コアラのように のんびりと。
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
ピアノ、芸能情報収集
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
バーコード
P R
[49]  [48]  [47]  [43]  [42]  [41]  [40]  [11]  [39]  [38]  [35

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マイ・ファニー・ヴァレンタイン

こんばんは。

 今日は、ヴァレンタインデーですね。

  『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』を作曲したリチャード=ロジャースは、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』作曲者と言えば、お気づきになる方が多いのではないでしょうか。
この曲は歌曲で、ヴァレンタインデーに限らず 一年中いつでも歌われているそうです。

 前奏は、ハ短調のⅠの和音Cmから始まり、次にいきなりF(7)が来ます。そして、最後は 平行調の変ホ長調で終わります。
13~21小節でも Fが現れ、Cm(Ⅰ)→G(Ⅴ)→Cm(Ⅰ)→F(ハ長調のⅣまたは ハ短調のドリアのⅣ)→A♭(変ホ長調のⅣ)→Fm(Ⅳ)→Fm-5 7(変ホ短調のⅡ)→B♭7(変ホ短調のⅤ・変ホ長調のⅤ)→E♭(変ホ長調のⅠ)
というコード進行です。
 ドリアン・スケール(ドリア旋法)と言うのは、ドを開始音とした時に『ミ』と『シ』に♭がつくもので、ハ短調の第6音の『ラ』に♭が付かない(ラ♭を半音上げる)ものです。

このドリアン・スケールのⅣの和音は ファ・ラ・ドとなり、それ故『ドリアのⅣ(の和音)』と呼ばれます。
個人的には、同名(主)調のハ長調のⅣと言った方が分かりやすいと思いますが

13小節目ぐらいから ヨタりましたが、その後は開き直ったからか マシになりました f^_^;
デジタルピアノもオンボロになってきたので、強音の時にノイズが入った箇所もあることをご容赦ください。
能書きが 長くなってしまいましたが、演奏は大したことはないので、お時間のある時にでも お聞きくださいませ


 
download


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne